トナーの技術革新による印刷技術の進化

レーザープリンターやコピー機に使用するトナーは、印字速度や印字品質にも影響する重要な要素であり、各メーカーは技術競争を繰り広げています。トナーは印字の際には静電気が物を引き寄せるのと同じ原理で印刷する用紙に転写され、転写後はヒーター等により熱を加える事で用紙に定着します。この為、転写し易く、定着し易くすればする程、印字速度を早くし、印字品質の向上にも繋げる事が出来る訳です。又、レーザープリンターやコピー機の消費電力に関しては、定着させるヒーター部が最も電力の消費が大きい為、定着温度を下げる事が消費電力の削減にも繋がるのです。この他の部分での技術革新も進んでいます。今迄一度印字した文字や画像を消す事は出来ませんでしたが、技術革新により印字済みの文字や画像を消す事が可能なトナーが開発され、既に製品化も進んでいるのです。

トナー交換はお得意先でしよう

どの職場においても、パソコンを使用する所が多くなっています。データ入力はもちろんのこと、入力したものを印刷ですぐに出せるようにほとんどのパソコンにはプリンターが接続されています。カラーでプリントができるようになったものも多いです。しかしプリンターによっては、トナーの交換を定期的に行わなければいけないものもあります。トナーを交換するようになった場合はプリンターかパソコンに表示されます。なくなりそうになった時に買いに行くことも可能ですが、多忙な業務中に買いに行くのも時間のロスになります。そこでお得意先の文具店や用品店を作っておくことが重要です。そういったお店を作っておけば、交換をしなければいけなくなりそうな時に電話をするだけで、交換品を持ってきてくれます。またそういうお店の場合は、不要になったトナーの回収も一緒にしてくれます。割と大きさがあるものなので、処分するのも大変です。お得意先があればその点の困難が解消されるのです。

トナーの詰まりが酷すぎる。

パソコンで英語教材の打ち込みの仕事をしていました。毎日、英文の入力業務に追われていましたが、1番大変だったのが、プリンタのトナートラブルなんです。忙しい時には出力回数が増える為、トナーの状態が悪くなり、印字に汚れが付着するようになりました。その度に自分で取り出して、清掃したり交換したりしていたのですが、毎日のことになり部長に相談しました。最初は経費の問題からそのまま頑張って欲しいと言われましたが、さすがに仕事に差し支えることを訴えましたから、複合機に接続してもらいました。今までの悩みは解消され、1週間に1度業者がメンテナンスに来てくれるので不都合さもなくなり、仕事が順調にこなすことができるようになりました。ただ、今度は用紙トレイの詰まりに悩まされるようになりましたけど、用紙詰まりはトナートラブルよりは簡単に解消できるので問題ないですね。